FC2ブログ
ルーン占いと星を読む日々
明日はお茶会
少し寒い連休ですが
みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

私はけっこう出歩いています。
明日は、浦安のサロンで
ルーンのお茶会です。

浦安 魔女☆Maison

お茶飲みながら
ルーンを語るというか
勉強の仕方や購入方法など
いろいろ話して
もっとルーンについて興味を持って
いただけたらいいなと思っています。

勉強というより
ちょっとやってみるという感じなので
プチ鑑定気分で来てみてくださいね。

さて、おひとつ引いてみませんか?

20140113rune.jpg
2013年後半のトランジット

土曜は渋谷アルカノンで2013年後半の
トランジットについての話をします。

ちょうど今、トランジットは
魚座海王星・蠍座土星・蟹座木星の
グランドトラインを形成していますが
このあと、またちょっと厳しい配置など
秋にやってきたりします。

そんな全体の流れを見ながら
出席されている方の後半運勢や
実際鑑定でどう後半の運製を話せばいいのかの
簡単なレクチャーなども。

三重円って難しく詳しく読めるし
でも、簡単に言うと…というのも
出来るから便利なんですよね。

ちょうど先月出たイーストプレス社の
『開運帖』には今年後半の健康運と美容運を
書いたのですが、そんなときに
どうやって書いたのかを
話す時間まであればいいなあ…。

詳しくはこちら

セミナー


占星術の話~アスペクト講座

そしてけっこう勉強してきた生徒さんが言うのが
「三重円読むのが難しいです~」
三重円とは、過去検証や未来予測をするときに
必要になるチャートです。
これが占星術をやる醍醐味ともいえますが
その分ちょっと専門的…。

そのとき大切なのがアスペクト
簡単に言えば、この天体とこの天体がつながってるよ、
というのを表すもの。

アスペクトはそのほかにも、本人の出生チャートで
その人の個性を見たり、他の人との相性を見るときにも
使うものです。

占星術は、仕事の天体(太陽)が○○座だからとか
恋愛イメージが○○座だから…なんて話をしますが
時々「え~なんかちょっと違うかも…」という場合があります。
このとき、チェックポイントになるのがアスペクト。

たとえば、自分から前向きに突き進んでいく牡羊座の人でも
その天体に、慎重に進まなきゃという天体がアスペクトすると
その活発な活動に慎重さが出てきたりするのです。

その人の複雑な個性を表すアスペクト
でもその分、読むのが難しいという声も。
それで、そこだけ勉強するという講座を作ってみました。
2時間、しっかりアスペクトだけの講座

今回は通常使用するメジャーアスペクト中心です。
あ、でも最初にちょっとアストロダイスも使って
頭の柔軟体操をしてから始めようかと(笑)
おさらいの人もどうぞ参加歓迎ですよ。


占星術の話~初級講座

「どうして占星術を勉強しようと思ったのですか?」
そう聞かれることがあります。
「うーん、どうしてだろう…」と
いつも返事に困ってしまいます。

大阪の学校にいた頃も京都の会社にいた頃も
人の誕生日はけっこうあいまいでも
「○○座の人」って全部覚えていたし。
なんとなく当たり前に「あった」という感じで。

でも確かに、ちゃんと勉強してわかるようになると
「知っていると便利だな」と思うことがあります。
なので私は生徒さんには
「人付き合いが楽になるから勉強しておいた
ほうがいいと思うよ」というようにしています。

ただ占星術を本格的に勉強しようとすると
けっこう長丁場なんですよね~。
来週からまた初級講座始まります。

これは月1回土曜日なので、ちょっとゆるゆると
のんびり勉強していこうという人には
おススメかもしれません。

4月10日の新月

10日、今日は牡羊座で新月です。
18時36分以降にお願い事をしてみては。

この新月のときの配置は
太陽・月・金星・火星・天王星が牡羊座ですから、
今までの何かを突破していくような思い切ったことを
始めてみるのもいいかもしれません。
仕事も恋愛も、情熱的に自分から
進めていってくださいね。

そうそう
お願い事は手書きで書いてください。
約半年後の牡羊座の満月のときに
確認するには、手帳あたりに書くのが
おススメですよ。

そんな西洋占星術を、もうちょっと詳しく
勉強してみようかな、という人にはこちら
5月から渋谷で授業を始めます。
なるべく本人のチャートを使用するので
自分のことが客観的に段々わかってくるように
なると思います。
よかったら参加してください。

blog0410西洋占星術

アルカノンHP